化粧の極意とは?


美容とは、化粧や整髪、服飾などの方法によって容姿や容貌をより一層美しくするために手を加えることを指す。
この言葉、江戸時代には化粧(けわい)の同じ意味の言葉として使用されていたらしい。

夕方でもないのに普段そんなにむくまない顔や手に浮腫が見られた、十分寝ているのに下半身のむくみが取れない、などは何か病気が潜伏している恐れがあるので内科医の迅速な治療が必要でしょう。

その上に日々のストレスで、メンタルな部分にまで毒素はどんどん積み重なり、体の不具合ももたらす。
「心も体も毒だらけ」という意識こそが、多くの人々をデトックスに駆り立てるのだ。

アイカラーなどのアイメイクを落とすときによく落とすためにゴシゴシこすって洗った場合、皮膚が傷んだり炎症を起こしたりして色素沈着を招いてしまい、目の下のクマの元凶となるのです。

健康的な肌の新陳代謝は28日周期になっていて、いつも新しい細胞が作られ、日々取り去られています。
これらの「毎日の生まれ変わり」によって私たちのお肌は若々しい状態を保っています。

特に女性に広く知られているデトックスとは、身体の内側に溜まってしまっている不要な毒素を排除させることを重視した健康法でジャンルとしては代替医療に区分けされている。
「detoxification(ディトクシフィケーション、取り除く=解毒)」の短縮形から派生した。

メイクの良いところ:容貌が美しくなる。
化粧もたしなみのひとつ。
年上に見せることができる(20代前半までの女性の場合)。
自分自身のイメージを変幻自在に変貌させることができる。

本来、皮ふの新陳代謝は4週間周期になっており、一日毎に新しい肌細胞が生まれ、常時剥がれています。
このような「日々の生まれ変わり」によって人の皮膚は若々しさを保持しています。

洗顔を使ってさっぱりと汚れを取るようにしましょう。
石けんは皮膚に合ったものを選択します。
肌に合っているようなら、安価な物でもOKですし、固形のせっけんでも大丈夫です。

睡眠が不足すると皮ふにどういう悪影響を与えるのか分かりますか?その代表のひとつは肌のターンオーバー(新陳代謝)の遅延。
正常なら28日毎にある皮膚の生まれ変わる速度が遅くなってしまうのです。

メイクの短所:皮膚への影響。
毎日毎日煩わしくてたまらない。
化粧品を買うお金がやたらめったらかかる。
皮膚が荒れる。
お化粧を直したりお化粧する時間が勿体ないこと。

メイクのメリット:新しいコスメが発売された時の楽しみ。
素肌とのギャップにはまる。
様々なコスメにお金をかけることでストレスが発散できる。
メイクをすることそのものに面白みを感じる。

加齢印象を与えてしまう重要な素因のひとつが、歯に付着した”蓄積くすみ”です。
歯の外側には、目には見えない凸凹があり、日々の暮らしの中で黄ばんだ着色やタバコのヤニ汚れが付きやすくなっています。

ドライスキンによるかゆみの要因の大方は、歳を取ることに縁る角質の細胞間脂質と皮脂の量の減退や、ボディソープなどの頻繁な洗浄に縁る皮膚の保護機能の破損によって出現します。

よく美容の雑誌や本には、顔が小さくなる、肌がきれいになる、痩身、デトックス効果がある、免疫力の向上など、リンパ液の流れを良くすればすべて思い通り!という風なフレーズが掲載されている。