アーカイブ | 6月 2016

医学とともに美容法も変わる?!

脂漏性皮膚炎というのは皮脂の分泌異常が誘因で引き起こされる発疹で、分泌がおかしくなる誘因としては男性ホルモンとエストロゲン・ゲスターゲンの不均衡、ビタミンB群の不足等が関わっています。

アミノ酸のひとつであるグルタチオン(Glutathione)は、細胞の機能を低減したり突然変異をもたらすような人体に悪影響を及ぼす物質を体内で無毒化し、肝臓の役割を促進する特性が明らかになっています。

今、比較的若い世代で結核菌に抗える免疫力(抵抗力)を保有しない人々が増えていることや、早合点のために受診が遅れることなどに縁る集団院内感染が増加傾向にあります。

エネルギーとして瞬時に働く糖質、人の新陳代謝に絶対欠かせない蛋白質など、過度の痩身ではこの2種類に代表される活動を確保するために外すことができない成分までもを乏しい状態にする。

子どもの耳管は、大人に比べて幅がある上に短めの形であり、かつ水平に近いため、菌が進入しやすくなっているのです。
大人よりも子どもの方が急性中耳炎を発病しやすいのは、この事が関係しています。

続きを読む

この投稿は2016年6月23日に公開されました。

化粧の極意とは?

美容とは、化粧や整髪、服飾などの方法によって容姿や容貌をより一層美しくするために手を加えることを指す。
この言葉、江戸時代には化粧(けわい)の同じ意味の言葉として使用されていたらしい。

夕方でもないのに普段そんなにむくまない顔や手に浮腫が見られた、十分寝ているのに下半身のむくみが取れない、などは何か病気が潜伏している恐れがあるので内科医の迅速な治療が必要でしょう。

その上に日々のストレスで、メンタルな部分にまで毒素はどんどん積み重なり、体の不具合ももたらす。
「心も体も毒だらけ」という意識こそが、多くの人々をデトックスに駆り立てるのだ。

続きを読む

この投稿は2016年6月5日に公開されました。